Capsule toy

Capsule toy




How the work is made?

さて、何を作ろうか?

ちなみに、このダンボールはお菓子の箱の裏に、補強材として使われていたものです。

このゴミ、いやスクラップの山から開拓していきます。

基本的にどんな小さな破片でも捨てずにとっておきます。

意外なところでいい仕事をしてくれるときがあります。

まずは適当に置きます。

悪くはないが、あんまりウキウキしないし、最近この色の取り合わせはしたばっかりだ。

背景色を外してシンプルに。

色々置いてみる。

少し完成像が見えてきました。

余計なものを外す。

これだけでは寂しいので、背景を賑やかにしていきます。

このクレオロールというクレヨンは、描き心地が滑らかで、発色もよいです。

しかし、このクレオロールは、描くたびにポロポロしたクレヨンのカスが出ます。このクレヨンカスも滑らかに伸びるので、うっかり手に付いたまま何かに触ると、相当汚れます。

しかも、クレヨンコートをかけても、1,2回では定着しません。

それでも長所が上回っている商品なので、愛用しています。

で、こうなりました。

このウロコ模様はこの「The storm」という作品で使い始めたのですが、汎用性がある模様なので使いやすいです(少なくとも私には・・・)。

あとは装飾などを付け加えていきます。

こんな感じだと楽しい。

こうなるともっと楽しそう。

仕上げに尻尾が生えました。

本当は前段階で完成の予定だったのが、この尻尾をなんとなく置いてみたら良かったのでこうなりました。

やはり、最後に思考を超える一手が欲しい。

掛かった時間-3時間。今回はいつになく手数が多かったです。手をかけたからいい作品になるわけでもないですけれど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Maki Sato
抽象画家のサトウマキです。 色を塗った紙を切ったり貼ったりして作品を作っています。