We’re going to a new space.


We’re going to a new space.



How the work is made?

今回はスルスル出来ましたので、あんまり工程画像が無いです。要らんものは外しました。

そもそも、なぜ工程の写真をいちいち撮るのかというと、写真で観ることで作品との距離ができるからです。

すると、全体像がつかみやすくなるので、欠点や過剰な部分が見えてくるようになります。

ただ、そこであまり考え過ぎると止まってしまうこともあるので、写真がとても重要という訳ではありません。

私の場合はこれがやりやすいということです。

一番いいのは、あんまり考えないで、単純に作品が出来上がることですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

Maki Sato
抽象画家のサトウマキです。 色を塗った紙を切ったり貼ったりして作品を作っています。